楽しく音楽を学びながら、
【表現する力】【努力する力】【挑戦する力】が身につきます。

1.【表現する力】
音楽の良さや楽しさを感じるとともに、思いや意図を持って表現したり、味わって聴いたりする力を育成します。
【こんなふうに歌いたい】【こんなふうに弾きたい】と【自分で考えて表現する力】を養い、心豊かな人に育ってほしいという想いを持って指導をしています。
2.【努力する力】
ピアノなどの楽器は、自分で努力した分だけ嬉しい結果が得られる習い事です。
レッスンに通うだけでなく、ご自宅で練習することで身についていきます。
音楽教室に通うことで、努力することを自分自身で学び、楽しめるようになっていきます。
3.【挑戦する力】
発表会やコンクールなどを通して、向上心を持って挑戦することが身に付きます。
例えばコンクールに挑戦するとなると、市区町村といったところから、県、そして全国へと、挑戦のフィールドがどんどん広がっていきます。
子どもの頃から大きな世界へ挑戦し、ひとつずつ目標をクリアしながら羽ばたいていくことを経験している子どもは、ピアノ以外の分野でも、目指す世界が大きなものとなっていくでしょう。
 

静岡県浜松市出身。

洗足学園音楽大学卒業。

卒業後、ローランドミュージックスクールにて、ピアノ、電子オルガン、リトミック、ドラムを指導。各科において、コンクールで上位入賞者を輩出。

結婚を機に和歌山県海南市へ。アップライトピアノ1台から教室をスタートし、現在30年に至る。

3歳から80代まで、延べ1000人以上を指導した実績を持つ。

音楽から得るパワーはかけがえのないものであると実感し、現在も教育者として、音楽の素晴らしさを伝え続けている。

リトミックの要素を取り入れた鍵盤導入レッスンを行なっています。

幼児期からピアノや電子楽器に触れながら、歌ったり、リズム打ちをしたり、音楽の基礎能力をバランスよく育てていきます。

音楽を通して「自分で考えて表現する力」を養い、心豊かな人に育ってほしいと思っています。

静岡県浜松学芸高校音楽科を経て、同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏専攻卒業。

卒業後大手音楽教室に勤務し、グループレッスンと個人レッスンを担当。

ヤマハ指導グレード3級、ピアノ演奏グレード3級取得。

第40回和歌山県新人演奏会に出演、第36回市民文化まつりで日本センチュリー交響楽団メンバーと共演。

これまでに笠松淑美、飯尾孝枝、福本俊之の各氏に師事。

現在、演奏活動を行うと共に、後進の指導にあたる。

ピティナ(一般社団法人全日本ピアノ指導者協会)和歌山支部所属。

音楽を学ぶ上で大切なことは、「豊かな耳を養うこと」と「音楽は楽しい」と感じる気持ちだと思っています。

多彩な音色の変化を感じ取れる耳を養い、テクニックだけにとらわれず、楽器を演奏する喜びを感じることができる指導を心がけています。

音楽を通して豊かな感受性や音楽性を育むことはもちろん、「楽しい」という感覚を大事にレッスンしていきたいと思っています。

 

top